イソブラボン,乳がん,予防

イソブラボンで乳がんの予防!!

乳がんになる原因は食生活と女性ホルモンの関係がかなり関係しているようです。

 

食生活が欧米化してきたことで、動物性脂肪の多い食品や高カロリーの食事が増え、
肥満傾向になりやすくなります。

 

脂肪組織には女性ホルモン(エストロゲン)を合成する酵素があります。
標準体重よりも体重が重い人は、当然、脂肪量も多いため、
女性ホルモンが多くつくりだされているということです。

 

乳がん発生のリスク因子として過剰な女性ホルモンの存在が指摘されていて
脂肪の増加が女性ホルモンの過剰な蓄積を招くためリスク要因となります。

 


そこで、グラマーに含まれているプエラリアには
イソフラボンが大豆の約40倍も高濃度に含まれています。

そして、そのイソフラボンがエストロゲンの過剰な働きを抑える働きがあります。

 

イソフラボンは女性ホルモンの作用をもちながら、
エストロゲンが強すぎる場合にはその働きを抑えるという不思議な拮抗作用をもっています。

 

イソフラボンはエストロゲン・レセプター(受容体)との結合能が高く、化学構造も女性ホルモンに似ています。

 

イソフラボンは強い作用をもつエストロゲンが
結合するはずのレセプターに先回りして取り付いて、
強いエストロゲンの働きを抑えて乳がんの発生を予防したり、進行を抑えるというものです。

 

乳がんは日本人女性にも急増していますが、
それでも欧米人に比べると死亡率が低いのは、イソフラボンのおかげだと考えられているようです。

 

大豆は体に良いとホントによく聞きますよね。

私の知人にコレステロール値が高くて納豆を食べると
良いと病院の先生に聞いて毎日のように食べた結果、
次の検査ではコレステロール値が正常の範囲内になったようです。

 

私はきな粉を牛乳に溶かして飲んだり、自分できな粉クリームを
作って食パンに塗って食べるようになってから便秘にならなくなりました。

 

大豆をたくさん食べるのは大変で無理ですが、
グラマーを1日に3粒飲むだけなら簡単ですよね。

 

乳がんは転移がとても速いと聞くので気づかないうちに進行していくと怖いですよね。

 

グラマーを飲んでバストアップと同時に乳がんの予防もしましょう!!